摩周湖をホームグラウンドに道東の雄大な風景や星景を撮影しています。カメラのインターバル機能で撮影した画像で微速度動画(TimeLapse)なども製作しています。北海道の原風景を多くの方に届けていきたいです。


by n-doutou-walker

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
中標津
摩周湖
屈斜路湖
自然
多和平
虹別
野付
微速度撮影
星景

知床
野生生物
星と路
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

◆LINK◆

フォロー中のブログ

色々旅行日記

外部リンク

最新の記事

2015年ふたご座流星群in..
at 2015-12-15 15:55
星空の摩周湖
at 2015-11-01 20:02
摩周湖 終盤
at 2015-10-23 16:28
摩周湖夜明けの惑星集合
at 2015-10-10 18:01
光芒
at 2015-10-04 19:29

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
カメラ

画像一覧

生きる時間・生きる速さ

病院などで寝たきりの患者さんなどを見ていると、思ってはいけない事だが、長生きするということは良いことなのだろうか?どうゆう事なのだろうか?と疑問に思う。これは自分だけではないと思うが。体中に管を入れられて、動きたくても動けない、喋りたくても喋れない、掻きたいところも掻けず、食べることもできず、食べることが出来ないから胃に穴をあけられ、そこから直接栄養物を入れられて。何年も畳一枚分のベッド上だけの生活。生きているというよりも、生かされる…。何年も…。心臓が止まるまで…。これはあまりに残酷、想像を絶する苦しみだと思う。そして患者さんのその姿を見る家族も苦しい。これは日本の現在、内科ならばどこの病院でも見られるあたり前の光景です。治療やケアを行う方達は毎日、決められた業務を淡々とこなしていく。仕事だから?延命って何?命って何?尊厳って何?
病院で死ぬということってこうゆうことなのか…?もっと安らかに、自然にいかないものなのか、日本の高齢化の医療は何かおかしい。間違っていると思いませんか?自分は納得がいかない。
寝たきりでなく、ある程度動くことが出来る患者さんでも、家族が介護をすることが出来なく(さまざなな事情はあると思うが)長期に入院される患者さんはよくいるが、ほとんどの患者さんは強い寂しさを抱え、精神的にも心理的にも疎外され孤独となり、衰弱する肉体と家族に会えないという不安の狭間で疑心暗鬼の状態に陥る場合も多い。この様な姿を見ていると歳をとっていくという事が恐ろしく感じてしまいます。

人間は誰でも平等に歳をとり、いずれは動けなくなる時が必ずくる。生まれたからには、生きて、そして必ず死が訪れる。死ぬというのは人間の最大の恐怖だけど、全ての人が平等に味わう。その時に今、当事者ではない我々はどう思うのでしょうか。大変難しい問題です。


限りある命。短い人生でもいい。最後まで輝いて生きていきたい。
b0205205_1356524.jpg

b0205205_13584060.jpg

b0205205_13592865.jpg

b0205205_1404613.jpg

by n-doutou-walker | 2012-03-17 14:01 | 星景